ブランコが理想的なスイングを目指しハンマーを用いたトレーニング。

今日から始まりましたオリックスの春季キャンプ。
自分は、Jスポーツでの中継をずっと見ていました。
大前一樹さんと金村義明さんの話を交えつつの放送で、
あっという間の4時間30分でしたね。

今日のキャンプの中で一番印象に残ったのは、
ブランコ選手のランチ特打でしょうか。

途中でブルペンの様子などが映ったりしていたので、
全スイングを見ることはできなかったのですが、
サク越えを確か4連発で放っていたり
初日とは思えないぐらいすごくて驚きました。

これは、昨年の10月から取り入れたという
ハンマースイング」の効果もあるんでしょうかね~。

b_07704907
※ttp://www.daily.co.jp/baseball/2015/02/01/0007704…

ハンマーを用いたトレーニング

DeNA時代に後藤武敏選手がやっていたのを見て
自分もやろうと思ったことがキッカケだったようです。

4.5キロという重さのハンマーでティー打撃を行うことにより
バットを持った時にスイングスピードが速くなるとともに、
ボールを捉える技術の向上にもつながるそう。

今日のキャンプでは、
原選手と糸井選手
ハンマーに興味を示し、スイングしている場面を見かけました。

二人とも最初に手にした時は、少しフラつき気味でしたw
4.5キロってやっぱり重たいんですね。

10本の柵越え

今日のランチ特打では自分が見た以外のものでも、
6本柵越えしていたみたいで、
合計51スイング中10本の柵越えをしたそうです。

まだキャンプも初日でこれから調子も上向いていくでしょうから、
これはかなり期待してしまいますね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ