ディクソンが開幕に向けて先発。 オリックスvs阪神(オープン戦)

オープン戦もついにラスト3戦。
京セラドームに戻り、阪神との3連戦がスタートしました。

今日の先発はどこも、開幕投手に内定している投手だったようで、
オリックスはディクソン投手、阪神はメッセンジャー投手でした。

開幕に向けてディクソンがナイスピッチング

前々回の巨人戦、前回の教育リーグ・ソフトバンク戦、
どちらも素晴らしいピッチングを披露し、
好調を維持しているディクソン投手。

bb-f-20130305-dickson_m200
※ttp://www.nikkansports.com/m/baseball/news/f-bb-t…

今日の試合でも阪神打線にまともな当たりを打たせない投球で、
6回までなんと、被安打1で抑える内容。

しかもその安打というのも内野安打でしたし、
アウトも全てゴロアウトという内容で外野に飛ばさせない投球を
していました。

このまま7回もすんなりいくかと思いましたが、
阪神打線もそんなに甘くはありませんでしたね。

上本選手が内野安打で出塁すると、
続く西岡選手がライト方向へ強烈なヒットで1・3塁という状況に。

初めて迎えたピンチの場面で、
ゴメス選手を空振り三振に打ち取るも、
次のマートン選手に四球を与えてしまい、
ここで予定の100球に到達したということで
交代となってしまいました。


最後は満塁の場面を作って降板ということになったので、
少し悔いの残る今日の登板になってしまったかもしれませんが、
全体的に良いピッチングだったと思います!

金子投手が開幕厳しいということで
代役で投げるであろうディクソン投手ですが、
オープン戦で見せてきた投球を西武戦でも披露してほしいですね!



リリーフ陣もナイスピッチング!

2アウト満塁という絶好のアピールチャンスで登場したのは、古川投手。
次打者が福留選手で左打者なので、
登板させようということになったのでしょう。

結果は見事ファーストゴロ!
ただ、その打ち取った球が甘めに入ってドキッとしたので、
もう少し厳しめの投球ができれば、なお良いと思います。


8回に登場したのは、マエストリ投手。
出てきていきなり梅野選手にストレートの四球を与えてしまい、
んっ?となりましたが、

その後の大和選手と江越選手に対しては、
さっきの四球はなんだったんだと思わせる球威のある投球で、
両者とも、空振り三振に抑えました。

そして、鳥谷選手も遊ゴロで抑え、無失点という結果でした。


ラスト9回に登場したのは白仁田投手。
古巣相手に投げるということになりましたね。

結果は今日も三者凡退に抑えて、防御率0.00も維持!

上本選手、西岡選手の当たりは強い打球で外野の頭を越えるかなと
思ったんですけど、思ったより飛ばずに外野フライ。

それを見て、上手くタイミングをずらす投球ができてるのかなと
感じましたね。

打線も良い感じ

投手だけでなく、打線も良い所を見せてくれました。

例えば1回、平野選手が四球で出て、
安達選手がヒットエンドランを決め、
糸井選手がタイムリーを放ち、点数が入るという効率の良さ。


5回の場面では、4番に入った中島選手が長打を放ち、
ランナーを還すというクリーンナップとしての働き。


後は、ホームスチールのようなものを試み、
相手のミスを誘って点を取るなんてこともありましたね。

わりと理想的な点の取り方をできていたように思えました。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ