支配下登録を目指す近藤一樹がファーム戦で好投を見せる。

楽天戦3連戦で一つも勝つことができず、
借金も10に到達してしまったところで、
新外国人の補強やトレードなどの話が出てきました。

現状を打破するために
やはり何かしなくてはという状況ですからね。

上の二つ以外にも、
育成選手の支配下登録も検討しているとのことです。

近藤一樹が2軍で先発。

オリックスには5人の育成選手が在籍しています。

で、誰の支配下登録を検討しているのかというと、
近藤一樹投手みたいですね。

2_1
※ttp://www.buffaloes.co.jp/gamelive/hero/201204210…

今日行われたファームの試合がテレビ中継されていたのですが、
ちょうどその試合の先発が近藤投手でした。

これまでの試合でもまずまずのピッチングを披露していたと
耳にしていたので、少し期待して見ていたのですが、
今日の試合でも良い所を見せ、7回途中を2失点。


本人も試合後に「今日は直球が良かった」とコメントしていたとおり、
ストレートのキレが良く、そのおかげもあって、
スライダーとチェンジアップといった変化球も、
相手打者にとても効果的だったように思えました。

確かオフに右肘の手術をした彼ですが、
その影響もあまり無さそうなぐらい良かったと思います。


今日は先発として投げていましたが、
ロングリリーフという起用の仕方もできそうですし、
色んな方面でチームを助けてくれる存在となってくれるかも!

そうなる為にもまずは、
早期で支配下登録されることを願っております。

新外国人補強、4番&リリーフをリストアップ!

新外国人の補強を考えているということみたいですが、
狙いは4番候補とリリーフ。

それぞれ3、4選手ずつリストアップしているようです。

獲得するとしたら野手の方ですかね。

現在、ヘルマン選手とブランコ選手が怪我で離脱中。
1軍で奮闘しているカラバイヨ選手も未知数で、
このまま好調を維持し続けることができるのかというと分かりません。

なので保険的な意味でも獲得しておくというのは
良いかもしれませんね。


一方、リリーフの方ですが、
1軍にはディクソン、バリントン、マエストリという
実績も積んできた3人の外国人投手が既にいます。

野手の方でも最低一人は外国人選手を起用したいですし、
そう考えると新外国人リリーフを獲得したとしても、
3投手の誰かが怪我をした場合ぐらいしか、
なかなか出場させる機会が無いと思うんですよね。

2013年に獲得したミルズ投手も1軍で1試合投げただけで、
チームを去ることになりましたし、
2014年に在籍したランズラー投手に関しては、
結局1軍で見ることのないまま、シーズンが終了しましたからね。


出場させる機会がないままっていうのは、
はるばる日本までやってきてくれた選手にも申し訳ないですし、
オリックスの悪印象にもつながりかねませんので、

獲得するのなら、
投手よりも起用する機会にまだ恵まれそうな野手の方が
良いのではないかと個人的に思いました。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ