オリックス・馬原孝浩が契約更改!出来高や複数年を断った。

12日、FA権を取得し動向が注目されていた4人のうちの一人、
馬原孝浩選手の契約更改が行われました。

去年の年俸から5000万増加の1億3500万の単年契約!

bb-2014121202120-mahara-ns-big
※ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000046-nksports-base
 

馬原孝浩選手といえば、
ソフトバンクホークスにFAで移籍した寺原隼人選手の
人的補償としてオリックス・バファローズへやってきましたよね。

あの時は、馬原孝浩選手がオリックスへ来ることにも驚きましたが、
プロテクトから外れていたのにも驚きました。

 

しかし確かあの時、
右肩を故障していて試合にも全然出られていなかったんですよね。
実績は申し分ないくらい素晴らしいのですが、
もしかしたらオリックスでもずっと投げれないまま1軍登板無しで・・・。
と、嬉しさ反面、疑う自分もいました。

 

そして、その心配が当たってしまい、
2013年はわずか3試合だけの1軍登板に終わってしまいます。

けれど、その3試合で馬原選手はまだまだやれるという姿を見せてくれ、
そして2014年。
今年は55試合登板で防御率は3.55、ホールドの数はなんと32!
見事怪我から復活したよ!というところをファンに披露してくれました。

シーズン中、危ないピッチングだったりしたこともありましたが、
それでも1年通して勝ちパターンの一人として
頑張ってくれましたからね!

 

1億3500万という年俸、少し高いのではと感じますが、
1年通して頑張ってくれた、今年FA権取得年だった、
そして来季はもっとやってくれるだろうという期待値!
こうやって色々な要素をくっつけてみると、
妥当なんじゃないかなと思ったりもします。

 

来季は、「イニングまたぎや連投もできるというところを見せ、
困った時にはいつも『馬原』と言ってもらえるようになりたい

と、更なる活躍を契約更改の会見の場で宣言したりもしたみたいですよ!

今年は怪我明けの1年目という感じだったので、
自らが持っている力を100%出し切るということは、
できなかったと思います。
しかし、来年は更に体力を付け120%の力を出して、
馬原が出てきたらもう無理だな」と言わせるような活躍を
期待したいですね!

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ