【オープン戦:オリックス 0-1 ソフトバンク】 東明ナイスピッチ!

宮崎セルラースタジアムで13時から行われた、
オリックスとソフトバンクのオープン戦。

結果は0-1でオリックスの負けでしたが、
色々と明暗が見えた収穫のある試合ではあったと思います。

TkB61K7a_400x400

スタメンと継投

試合内容に触れていく前に今日のスタメンと継投から
書いていきます。

~オリックス~

1番 (中) 駿太
2番 (遊) 安達 了一
3番 (指) 糸井 嘉男
4番 (一) T-岡田
5番 (三) 中島 裕之
6番 (二) ヘルマン
7番 (右) 川端 崇義
8番 (捕) 伊藤 光
9番 (左) 小田 裕也

投手:東明~海田~古川~大山

昨日の記事に書いた継投とは少し違いましたね^^;
正しくは上に書いたとおりです。申し訳ございません。

注目の中島選手は、サードのポジションで出場。
そしてヘルマン選手はセカンドでの出場ということになりました。


~ソフトバンク~

1番 (二) 本多 雄一
2番 (右) 中村 晃
3番 (左) 内川 聖一
4番 (中) 柳田 悠岐
5番 (一) 李 大浩
6番 (三) 松田 宣浩
7番 (指) 松中 信彦
8番 (遊) 今宮 健太
9番 (捕) 斐紹

投手:東浜~二保~嘉弥真~星野

ソフトバンクの方もなかなかのフルメンバーでしたね!


試合内容

まず、投手について書いていきます。

今日の試合で特筆すべきは、やはり東明投手でしょうね。

3イニングを投げて被安打1、無失点。
中でも中村選手・内川選手・柳田選手を
三者連続三振で抑えたところは凄かった!



2回にもイデホにヒットを打たれランナーを出すものの、
続く松田選手をピッチャーゴロで打ち取りダブルプレーに抑えるなど
良い面が目立った今日の投球内容だったと思います。

あとは本人も反省している通り、
3回に斐紹選手に与えたストレートの四球など
細かなミスを修正していけばローテ入りにグッと近づくと思います。
この調子でこれからの登板でも良い所を見せ続けてほしいですね!



東明投手の後には3名の左投げ投手も登板しました。

古川投手は良かったと思いますね。
右打者の今宮選手、鶴岡選手には詰まらせる投球、
左打者の明石選手からは、空振り三振を奪うという今日の投球でした。

海田投手は、KT戦の時はボールが低めに集まっていましたが、
今日は全体的にボールが高めで、いまいちでしたね。
松中選手を見逃し三振で抑えた時の最後の球は良かったですけど。

大山投手は、いきなり最初の打者に死球を当ててしまうというスタート。
その影響もあったのかもしれませんが、
全体的にボールがバラつき気味でした。
サイドスローに転向した彼ですが、まだ迷いがあるように思えます。
モノにできるまで、もう少し時間がかかりそうです。

あと当てられた城所選手ですが、
苦悶の表情を浮かべていましたね・・・。
重症でないことを祈ってます。



次に、野手について書いていきます。

皆、結構良い当たりを打っていたように思えましたが、
守備に阻まれてしまったり、ツイてない所も多かったですね。

特に川端選手なんて3打数0安打でしたけど、
どれもヒットになってもおかしくないような
当たりばかりでした。


チャンスを作るヒットは各選手出ていましたけれども、
チャンスの場面では打てなかった。

特に9回表ノーアウト1・2塁の場面でのT-岡田選手の打席。
4番に据えられている彼。
もちろん走者を帰す働きを期待されるわけですが、
結果は2アウト3塁という場面に変えてしまうダブルプレー。

うわぁ!と思わず言ってしまいました。
やはり、上を目指す為にはこういった場面を絶対にモノにしないと
いけないと思うので、これからの実戦で
より確実性を高めていってほしいですね。

まあでも、中島選手の初ヒットを見れましたし、
坂口選手も去年までとは別人だと思わせるぐらい良さそうだったので、
そこは良かったかなと思います。




最後に

あとそういえば、コンディション不良で今日の試合は
欠場だと思われていた小谷野選手も
守備のみでしたが出場していました。

しかし打席には立たずに交代したのは気になりましたね。
大丈夫なのでしょうか?

試合には負けてしまいましたが、とても楽しめました。
次のオープン戦は3月4日の中日戦ですかね。

次こそは・・・次こそは勝とうぜ、オリックス!

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ