2015年オリックス~オフシーズンの補強まとめ~

FA選手が流出してしまうのではという懸念。
更には、どんな新しい選手が入ってくるのだろうという期待感。
オフシーズンは様々な思いが交錯しました。

今回の記事では、
オリックスがオフシーズンにどのような補強をしたかなどについて、
年表みたいにしてもう一度振り返ってみようと思います。

TkB61K7a_400x400

オフシーズンの動き

10月23日 ドラフト会議で9人の選手を指名。
       (ドラフト1位 山﨑 福也
        ドラフト2位 宗  佑磨
        ドラフト3位 佐野 皓大
        ドラフト4位 高木 伴
        ドラフト5位 齋藤 綱記
        ドラフト6位 坂寄 晴一
        ドラフト7位 西野 真弘
        ドラフト8位 小田 裕也
        ドラフト9位 鈴木 優 )

10月29日 馬原孝浩がFA権を行使せず残留。

11月7日 ・坂口智隆と平野佳寿がFA権を行使せず残留。

      ・阪神白仁田⇔オリックス桑原のトレード成立。

11月14日 元中日の田中大輔を獲得。

11月27日 日本ハムからFA宣言をしていた
        小谷野栄一を獲得。

12月5日 日本に帰国の中島裕之を獲得。

12月6日 元広島のバリントンと元DeNAのブランコを獲得。

12月24日 金子千尋が国内FA権を行使し残留。

以上でしょうか。何か抜けている気もしますが・・・w

何名か他球団へ移籍してしまうのではないかと思っていた
FA組も全員残留宣言し、新戦力補強もほぼ想定通りに
獲得することができたので、
とても素晴らしいオフだったのではないかと思います。

中でも一番驚いたのはやはり中島選手獲得でしょうか。
西武と阪神の一騎打ちかと思いきや、水面下でオリックスが
動いていたとは思いませんでしたよね・・・w

しかも獲得までにつなげてしまうところが、
オリックスの編成の方達すごいなと感心しました。

公式戦スタートまで残り約1ヶ月。
早くペナントでの戦いを見たいとワクワクさせる
オフシーズンの動きでした。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ