糸井嘉男がスタメン復帰! オリックスvsヤクルト(オープン戦)

京セラドームに戻り、ヤクルトとのオープン戦。
今日は、糸井選手がスタメンに復帰したりなど色々と変化がありました。

1軍と2軍の大幅入れ替え

今日の試合が行われる前に1軍と2軍の大幅な入れ替えが
行われたようです。

野手では、
坂口、川端、小田、西野ら7選手が2軍へ行き、
縞田、山本、田中、中村、鉄平、武田、岩崎の7選手が
1軍へ合流しました。

大幅な入れ替えを敢行した理由として、

ブランコ選手・小谷野選手・中島選手などの
主力クラスの打席数を確保するために、
ベンチメンバーの出場機会が減ってしまうから。だそうです。

2軍へ向かったメンバーは今後、教育リーグで調整を行うそうです。

あと上に書いた以外の2軍に行った3選手ですが、

今日の試合のベンチを見た感じでは、
堤選手・山崎選手・小島選手の姿が見えなかった気がしたので、
この3選手かもしれませんね。定かではありませんが。

投手の方では、山﨑福也投手が1軍に合流したとのこと。
もしかするとどこかのオープン戦で登板する機会があるかも
しれませんね。

糸井嘉男がスタメンに!

今日の試合では、別メニュー調整をしていた糸井選手が
スタメンに復帰しました。
別メニュー調整といっても特に怪我をしていたというわけでは
ないようです。

spo14101008410025-p1
※ttp://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/141010/spo14…

そんな糸井選手の今日の打席結果は2打数の1安打。
この1安打はチャンスの場面で打ったもので、
相手のミスを誘い、オリックスが逆転するきっかけとなった
ヒットでした。

糸井選手が出てきたと思ったら、
今度はブランコ選手の名前が今日は無かったですね。
ただの休養なのか、どこかを痛めてしまったのか・・・。
少々気になりました。

追記※ 11日の試合に出場していたので大丈夫みたいですね。
    よかったです。

小谷野栄一の巧みなバッティング

今日2打点をマークした小谷野選手。

1打席目はランナー3塁の場面できっちりと
センター方向へ打ち上げ犠牲フライ!

2打席目は、2アウト1,3塁で犠牲フライは打てない場面。
ならば今度はセンターの前に落ちるタイムリーヒット!

特に評価したいのは1打席目。
去年のオリックスは犠牲フライを打とうとしても
内野フライになってしまったりすることが多かったように思えます。

なので、今日の1打席目のようなシチュエーションで
しっかりと外野まで飛ばしてくれるようなバッティングができる
小谷野選手はとても貴重な存在になりそうですね。



3回以降はパーフェクト投球だった投手陣

今日の試合で相手チームに打たれたヒットの本数は僅か3本。
それもこの3本というのは2回までに西投手が打たれた本数なんです。

どういうことかというと、
3回以降は相手にヒットも許さない四球も許さない
パーフェクトピッチングをオリックスの投手陣が見せてくれました。

今日投げた投手は、西~海田~榊原~岸田~佐藤達の5投手。

リリーフ陣は完璧な内容。

西投手も1,2回は追い込んでから甘い球がいったりしてましたが、
3回以降は圧巻のピッチングでした。

最終的にこの試合のスコアは、
オリックス5-2ヤクルトでオリックスの勝利でした。

最後に

今日は本当に見所たっぷりな試合でした。
しかし、良いところばかり目立ったわけではなく、
悪いところが目立ってしまった場面もありました。

2回表のサードを守っていた中島選手の捕球ミス、
そしてセカンドを守っていたヘルマン選手の送球ミス。

結果的にこれが相手に2点目を奪われる致命的なミスと
なってしまいました。

シーズン中だとこういったものは命取りになるので、
オープン戦の期間中に打撃だけではなく、
守備の確実性も更に高めてほしいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ