山﨑福也が姫路球場でオープン戦初先発! オリックスvs楽天(オープン戦)

姫路球場で行われた今日のオープン戦。
今日のオリックスの先発はディクソン投手・・・
と思いきや、なんと山﨑福也投手でした!

ディクソン投手は明日のファームで行われる試合で、
登板するとのことです。

先発枠を狙う山﨑福也が好投!

2月24日に行われた韓国チーム・斗山との練習試合では、
3回を投げて2本のホームランを含む5失点という
ホロ苦さが残る登板でした。

それからフォーム矯正を投手コーチ達と共に行った後に、
教育リーグ阪神戦での先発を経て迎えた今日の登板。

結果は・・・6回を投げて2安打無失点という好内容でした!

無題

なんといっても、投げている時のテンポが良かったです。
相手を落ち着かせない自分のペースでポンポンと投げていました。
味方の攻撃のリズムを作るためにも「テンポの良さ」というのは
必要になってくる要素ですからね。

しかし、新たに山﨑投手がローテ争いに名乗りを上げたということで
更に熾烈な争いとなりそうですね。
争ってる本人達は楽観できないと思いますけど、
見てる方はワクワクしますね。

高木伴もアピールを続ける!

山﨑投手の後に登場したのは同じくルーキーの高木投手。
前回登板では失点もありましたが、
今日の試合では2回を投げて安打も四死球も与えない投球でアピール。

比嘉投手の状態が微妙ということもあり、
十分に高木投手も開幕1軍に割り込むチャンスはあると思います。

次回以降、もう少しストライク先行のピッチングを見せていければ
更に良いアピールになると思うので、そこの部分を改善しつつ
頑張っていってほしいですね。

平野恵一が共にチャンスメイクとなる2安打

1番でスタメン出場した平野選手。

今日の打撃成績は2打数2安打で、
どちらもチャンスメイクとなる良いヒットでした。

オープン戦では基本1番で使われているので、
森脇監督の頭の中には今年も「平野1番」構想
あるのかもしれませんね。

となると今日のバッティングは、
首脳陣の評価も更に高まるものだったのではないかと思います。

こうなってくると、気になるのは競争相手。
他にオープン戦で1番を打っている選手といえばヘルマン選手。
ポジションも被りますし、平野選手のライバルといえる存在です。

どちらの選手も好調を維持していますし、
開幕オーダーが発表される頃にはどうなっているんでしょうか。

もしかすると、セカンド・平野、サード・ヘルマンという形で
二人スタメンに入っている可能性もありますね。

最後に

ついに、再び日本へと戻ってきた
ペーニャ選手を見ることができました。

まだ本調子とは言えない調子でしたけれども、
オリックスファンなら勿論、すごさは知っていますから
その選手を山﨑投手と高木投手のルーキー二人が抑えた!
っていうのは嬉しかったですね~。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ