駿太が土壇場で値千金の勝ち越し打! オリックスvsロッテ(4回戦)

QVCマリンでロッテとの2連戦!
今日はオリックスとロッテ、両チームともに
決定打がなかなか出ず、長い試合となりましたが、
駿太選手の一打で決着がつきましたね。

ロッテ3回戦の記事はこちらで↓
http://orixpecial.com/karhr/

17安打5得点

勝てたからよかったものの17安打5得点というのは
なかなかの拙攻ですよね。

今日は一体どれだけのランナーが残塁に終わったのか。
数えるのも嫌になるくらい多かったと思います。
(数え間違いの可能性もありますが19残塁だったようです)

安達選手と小谷野選手と川端選手の3選手の打席の時
チャンスがよく訪れていたと思うのですが、
どの選手もロッテの投手にうまく交わされてしまいました。


いやしかし、安達選手はどうなのでしょう。
得点圏打率がかなり深刻ですよね。
今日のも含めると17打数の1安打でしょうか。

守備面は確かに上手いとは思いますけれど、
打撃面を見てみると、ここ最近の試合でも
あまりにもチャンスでの凡退が目立っていて、
打線を切ってしまっているように自分の目には映ります。

なので、ファームで打撃の調子が良かった
縞田選手など他にも遊撃の候補がいるのですから
いろんな選手をスタメンなどで起用しつつ争わせていった方が
チームの更なる活性化にも繋がると思います。

今日の内容を契機にもう一度、
メンバー・打順など再考してみるのも良いのではないでしょうか。

駿太選手の勝ち越し打!

12回裏2アウト満塁という場面で駿太選手。

buf14061122310004-p2
※ttp://www.sanspo.com/baseball/photos/20140611/buf…

ここで打ち取られてしまえば、
オリックスの勝ちはなくなるという展開でしたが、
レフトの前に落ちるタイムリーヒットで見事勝ち越し!

駿太選手ナイスバッティングでした!
京セラでのロッテ1回戦の時もサヨナラタイムリー打ってましたし、
ロッテからしたらかなり嫌だと思わせる存在となったかもしれません。



この駿太選手に続き、バッターボックスに立ったのは、
中島選手が抹消されて代わりに昇格した小島選手!

今日は代走での出場から始まりましたが、
打席も回ってきて、そこでもきっちり仕事を果たしましたね!

彼のタイムリーで奪った得点が、
完全にトドメとなるものになった気がしました。

小島選手もナイスバッティング!

塚原頌平が耐え忍ぶ!

今日の試合に勝てたのも
投手陣が踏ん張ったのがでかかったですね!

その中でも特に塚原投手がよくやってくれた!

8回に海田投手が登板していたので、
9回はマエストリ投手か馬原投手かと思っていましたが、
塚原投手でしたね~。

マエストリ投手は19日の西武戦で
ロングリリーフをこなしていましたし、
できるだけ今日の試合では使うのを控えたかったのでしょう。

馬原投手は、もしも試合がまだまだ続くようなら
その時に出そうということだったのでしょうか。

こうして9回のみならず10回も投げた塚原投手ですが、
どちらの回もサヨナラのピンチを作るものの
相手に点を与えず無失点で切り抜けるピッチングを披露!

ここで粘れたのが後々の歓喜につながったと思います!
本当によく踏ん張ってくれました!

そして11回には馬原投手、
12回には結局マエストリ投手が登板ということになりましたが、
この中継ぎ四銃士が勝利に導いてくれました。

ただ一つの心残りは西投手に勝ちが付かなかったこと。
今日も7回まで投げましたが、残念ながら今季初勝利とは
いかなかったですね。

彼が投げる時って野手陣の援護が少ないように思えるので、
次に登板する時は、大量援護をお願いしたいですね~。



最後に

明日は19日に危険球退場で早々に降板したバリントン投手が、
中2日で先発するようです。

このチームの勢いに乗っかって、
今度こそW初勝利を達成してほしいですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ