鉄平がトレードに?阪神が獲得調査とのこと

オリックスのニュース記事を漁っていたら、
阪神が鉄平の獲得調査をしているというものを見つけ、
気になったので触れていきたいと思います。

楽天とのトレードによって

鉄平選手といえば、去年に後藤光尊選手とのトレードによって
楽天から移籍してきた選手です。

過去には首位打者を獲ったことのある実績もありますが、
ここ数年は本来の調子を取り戻せない状態が続いていたそうですね。

AS20140817000349_commL
※ttp://www.asahi.com/articles/DA3S11303451.html

新天地への移籍により自身の打棒にも、
もしかすると再び光が差すのではないかと期待する部分もありましたが、
結果的に50試合の出場にとどまり、打率も・227という低打率で
シーズンを終了するということになりました。

寺原隼人からの一発

しかし記憶に残る活躍を見せた試合もありました。
2014年4月30日に行われたソフトバンクとの試合。

この時にソフトバンクの先発だった寺原投手から
4回に点差を離す貴重な第1号ホームランを放つと
6回には相手の帰塁を防ぐ好守備を見せるなど、
打撃で守備で輝きを見せた一戦。
試合後にはヒーローインタビューにも呼ばれていましたね。


その試合から早くも1年が経過しましたが、
未だに鮮明に記憶に残っています。



ファームで調整が続く鉄平。現状は・・・。

2015年シーズン。
今日現在までファームでの調整が続いている鉄平選手。

4月14日に放送されていた阪神とのファーム戦では、
ここまであまり調子が良くない状態が続いていると
言っていた気がしたので、
その状態がまだ続いているのかと思いきや、

昨日8日までの鉄平選手のファームでの成績は、
58打数の20安打で打率はなんと.345。

めっちゃ打ってるやないですか!

昨日に行われた阪神でのファーム戦でも
3打数3安打という成績。

そりゃこんな姿を見せられたら阪神側の評価も上がるわけです。


しかしこんなにも調子が良いのだったら、
1軍に呼ばれてもおかしくないと思うのですが、
その気配すらないですよね。

入れ替わるとしたら負傷中であり打撃の調子も下降気味の
川端選手と、ということになると思いますが・・・。


森脇監督は使うということをあまり考えていないのでしょうか。

だとしたらトレードで他チームに移籍させてあげて、
出場機会を増やしてあげるというのが本人にとっては
良いことなんじゃないかなと思いますね。

トレード候補

もしもこのトレードが成立するようなことがあれば、
オリックスサイドとしては中継ぎで使える投手
要求するのではないかなと思います。

阪神に関してはあまり詳しくないので、
そこまで深くは分かりませんが、
個人名を挙げるとすれば渡辺投手や鶴投手あたりですかね。

最後に

長々と色々綴ってはきましたが、
トレードが本当に行われる前に調査対象の個人名が漏れる場合って、
大概その話は無かったことになるケースが多いですよね。

なので、結局はこのトレード話も忘れられるのではないかと
個人的に思っています(笑)

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ