オリックス含むウエスタンリーグの試合数が増加!

ウエスタンリーグの試合数が増加!

2軍は若手選手の成長の場と言っても過言ではないですよね。
来季からウエスタンリーグの試合数が
104試合から最大132試合に増える
そうですよ。

交流戦の有無によっては、
最大140試合近くまで膨らむチームが出てくる可能性もある
そうです。

試合数の所ですが、なぜ”最大”という書き方をしたのかと言いますと、
雨天などで中止になった場合は追加で日程が組み込まれないからです。

当然、中止になる試合も出てくるでしょうからね。
しかし、雨で中止になる試合が、
多くて15試合と見積もってみても117試合は開催されるわけです。
これでも昨季の104試合と比べてみると
13試合は増えてるわけですからね。

2軍では、若手選手の成長を促すと共に
中堅・ベテラン選手の調整も並行して行わないといけない部分
あったりします。

どうしても若手が途中で交代、代打で調整中の選手が登場、
もしくはこの逆パターンで調整中の選手がスタメンで、
途中から守備などで若手選手が出てくるといったケースがあって、
若手選手が”フル”に出場することがあまりできない環境であったように
思えます。

やはり若手選手には練習だけではなく、
どんどん実践させていった方が良いと思います。

それが、今回の試合増加により、普通に試合に出場できる機会に加え
”フル”で出場できる機会も増えるでしょうから、
その機会が増えるということは
若手選手達にとって良い影響をもたらしてくれそうです。

ウエスタンは増えるけど、イースタンの方は?

イースタンリーグの方は昨季同様に108試合で日程が進められる
そうです。
イースタンの方はウエスタンよりも球団が2球団多いということで、
今まで通りで良いだろうということみたいです。

そもそも、今回のウエスタンの試合増加の事案が出たのは、
イースタンよりも球団数が少ないのに、試合数も4試合少ないことが
原因だったみたいなので。

両リーグ共に日程発表はいつされるの?

ウエスタンリーグ・イースタンリーグ共に今月末に発表されるようです。
今年はどんな選手が
2軍で結果を残し1軍の舞台に現れるのかと考えると、
球団問わずにワクワクしますね!

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ